荒木式がん対策プログラム 断糖食実践前にぜひ知っておいてほしいこととは

糖質制限は危険!は本当か?

糖質制限は危険!は本当か?

朝日新聞に「糖質制限ほどほどに 5年継続死亡率アップ?」という記事が数年前に掲載されました。

以下、朝日新聞夕刊、朝日新聞デジタルによる記事(2013.1.27)です。

画像の説明

【桜井林太郎】ご飯やパンなどの糖質を控える「糖質制限食(ダイエット)」を5年以上続けると、死亡率が高くなるかもしれないとする解析結果を、国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科の能登洋医長らが26日、米科学誌プロスワンで発表した。死亡率が高まる理由はよく分かっていない。
 糖質制限食は「低炭水化物ダイエット」などとも呼ばれ、短期的には減量や血糖値の改善につながるという報告が出ているが、長く続けても安全かははっきりしていない。能登さんらは昨年9月12日までに発表された糖質制限食に関する492の医学論文から動物実験などを除き、人間での経過を5年以上追跡して死亡率などを調べた海外9論文を分析した。
 対象は、とくに病気がない地域住民や医療スタッフら計約27万人。摂取した総カロリーに占める糖質の割合に応じて10のグループに分けた。


具体的な内容については、日経メディカルから抜粋します。

 糖質制限食について長期的な効用は認めず、むしろ死亡リスクが有意に増加する。こんなメタアナリシスの結果を1月12日、国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科医長の能登洋氏が第47回日本成人病(生活習慣病)学会で発表した。
中略
 メタアナリシスの対象として選択された論文は全9件で、対象者は27万2216人(女性66%、追跡期間5~26年)。総死亡数は1万5981人だった。
 総カロリーに占める糖質の割合をスコア化し、糖質の割合が低い(30~40%)群と高い(60~70%)群を比較した結果、総死亡リスクは低糖質群で31%、有意に増加した。「低糖質・高蛋白質」群と「高糖質・低蛋白質」群を比較した結果でも、前者で総死亡リスクは22%、有意に増加。糖質制限食による長期的な効用は認めなかった。
 心血管疾患死については低糖質群で10%増加したが、有意差は認めなかった。また、心血管疾患発症リスクはLCスコアでの検討では有意差はなく、LC/HPスコアで検討していた1文献では有意差を認めていた。
 結果について能登氏は、「糖質制限食をし好する人は、脂肪や動物性蛋白質の摂取量が高値となる傾向にあり、総死亡の増加への関与が想定される」と話した。ただし、「今回の検討では糖質の特徴や蛋白質源などの影響は加味されていない。これらの解析を含む長期介入研究が必要だ」とした。

*メタアナリシス:複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること

医師らの反論をご紹介

上記能登先生の研究に対して、複数の医師が反論を述べているので私が探し当てた一部を紹介いたします。

◆50代男性医師さん
実際に学会発表を聞いてはいないのですが、という前提でのお話です。

  • 能登先生の研究は、膨大な数の論文を比較して、その中から選択キーワードに合致した9編の論文を比較対象とした、としているが、ピックアップされた論文の半数は同じ研究グループのものである
  • その研究グループのひとつは、昨年6月にBMJに「糖質制限は危険だ」という論文を出してBMJ読者から「科学的にpoorだ、編集者の見識を疑う」と言って、ぼろくそにけなされているものである
     BMJ:イギリス医師会雑誌 世界5大医学雑誌のひとつ
  • 上記研究グループよりもインパクトの高い雑誌に掲載されている「糖質制限は危険ではない」とする複数の論文は検討対象から外されている(恣意的に?)
  • キーワードで選択した結果から論文が選ばれたとしているが、そのキーワード自体「糖質制限否定派」の論文に存在して、「糖質制限肯定派」の論文には存在しないキーワードを用いて選別しているのではないのか
  • ただし、彼らがそのキーワードで抽出した検査対象にかぎって言えば、彼らの主張は真実であり、彼らが言うところの「危険な糖質制限」とする食事スタイルを続ける限りは危険かもしれない

◆京都 江部医師
この朝日新聞記事の、能登洋医長の論文は、中糖質群(糖質30~40%)と高糖質群(糖質60~70%)の比較研究です。従いまして、糖質制限食(糖質12%)とは、何の関係もない論文です。

結局、このメタアナリシスは、高糖質群(60~70%)と中糖質群(30~40%)の比較であり、糖質制限食(糖質12%)の群はどこにも登場しません。

中糖質群で、例えば2000kcal/日摂取したら、糖質は150~200g/日になります。そうすると1回の食事の糖質量は50~66gであり、追加インスリンの大量分泌が生じます。食後高血糖も生じます。

インスリンの過剰分泌に発ガンリスク、動脈硬化リスクがあることには、多くのエビデンスがあります。

そして食後高血糖にも発ガンリスク、動脈硬化リスクのエビデンスがあります。

すなわち中糖質食では、発ガンリスクや動脈硬化リスクは減らせないということが言えます。

糖質制限食(糖質12%)なら、インスリン過剰分泌と食後高血糖という明確な発ガンリスクと動脈硬化リスクが、ほとんど生じないという大きな利点があります。

結論としては中糖質群(30~40%)は高糖質群(60~70%)と比べて、総死亡率が優位に増加したという研究です。
中糖質群(30~40%)では、「インスリン過剰分泌」「食後高血糖」という発ガンリスク、動脈硬化リスクがあり、そこに結果としてさらに高脂肪・高タンパク食を摂取するパターンは、総死亡率が上昇する可能性があるということになるでしょうか。


◆低糖質ダイエットを実践している医師
能登先生や反糖質制限派の提示している研究対象は、『糖質制限食 vs 糖質60%の通常の高糖質食』ではなく『糖質40%の中途半端な糖質制限食 vs 糖質60%の通常の高糖質食』である。(糖質40%は糖質制限食とは言わないだろう...)

ここで、糖質40%の中途半端な糖質制限食と糖質60%の通常の高糖質食を比べたら、前者の方が分が悪いという話である。

それは、古い疫学調査になるが「ハワイ在住日系人とその出身地に住む同郷の人たちとの比較」の論文にもみてとれる。

その内容は、
広島県より移住したハワイ日系人は広島在住者に比して,性,年齢,肥満度の修正を行なってもなお糖尿病発生率が高く,この両群間の食事の差は,ハワイ在住者が高脂質,低糖質で,脂質中の動物性脂質の占める割合が高く,糖質中での果糖の率が高い点であり,発症増加の因子を特定しえないが少なくも高糖質食により発症が増加することはないと思われる、
というもの

つまり「高糖質(糖質60%以上)・低脂肪(脂肪20%以下)食」の方が、「中糖質(糖質30~40%)・高脂肪(脂肪30~40%)食よりも危険性が低いということ。

それはどうしてなのかを考えると、次のようになるでしょう。

1.中糖質食を食べていても、高糖質食ほどではないにしても食後高血糖がおこり、高血糖による血管内皮障害は必ず起こる

2.このとき、インスリンが上がり糖質は肝臓内に取り込まれるが、取り込まれた糖質の大部分はすでに余剰なので脂肪に変換される(現代の生活で糖質40%摂取では常にグリコーゲンはフル充電状態のため)

3.変換された脂肪も肝臓には蓄えることができず、あふれて血中に放出され、脂肪細胞に吸収される

4.以上のことが食事のたびに繰り返され、脂肪細胞にも脂肪を蓄える余地がなくなり、脂肪は血中に余っていく

5.この脂肪が行く場所がなくなり、「異所性脂肪沈着」と呼ばれる状態になる

6.本来、脂肪細胞のないところに脂肪細胞ができて脂肪を必死に蓄えようとする「異所性脂肪沈着」の好例が、和牛の霜降り肉やフォアグラ。 霜降り肉は筋肉内に異所性脂肪沈着したもの、フォアグラは脂肪が蓄えられた肝臓にさらに脂肪細胞を増やして異所性沈着させたもの。そのため、高級霜降り肉を生産する飼育業者は和牛が生活習慣病で死なないようにケアが必要で、マッサージして血行を良くしてあげるところが腕の見せ所となっている

7.すなわち、異所性脂肪沈着の害は、肝臓では脂肪肝を、膵臓ではβ細胞の破壊を、筋では当の取り込みが減りインスリン抵抗を、そして血管まわりでは動脈硬化を起こす

8.異所性脂肪沈着は糖質摂取40%でも起きるが、60%以上摂取者のほうがもっと起こりやすい。しかし40%の方が危険性が高いのはなぜか

9.60%以上の糖質摂取者に比べればましとはいえ、糖質から変換された脂肪が血中にあふれかえっている状態で、食事でさらに高濃度の脂質が入ってくるとどうなるのか?

10.異所性脂肪沈着が急激にすすむのではないか?

以上が、中等度の糖質摂取者で生活習慣病が増える原因になるのではないかと私は考えている


◆サプリメント販売会社のコラムより
炭水化物の摂取割合が30~40%もあると、ローカーボ・ダイエット・・・にはあたらないと思います。
少なくとも「低炭水化物ダイエットの効用」は得られないでしょう。
つまり、「ローカーボ」群では低炭水化物ダイエットの効用が出ないような中途半端な「ローカーボ」でありながら、たんぱく質と脂肪を食べる量は多くなっているわけです。
ごく普通の欧米人を対象にしていることから考えて、これはおそらく「パスタ、パンなどは余り食べず、こってりした肉類(バーガー、ソーセージ、ステーキ)やチーズ類をより好んで食べる人たち」と考えることが出来ます。
すると、この方たちの寿命が短いことに関して、ごく当たり前に思えてきませんか?


あなたはどう考えますか?

私は一つのことわざを思い出しました。

それは、

生兵法は大怪我のもと

きっちり頭で理解して、ガンを克服していきましょう♪

荒木式がん対策プログラムでは糖質10%以下を推奨しています!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ライスフォース